2018年06月16日

食べる

人間が生きていく上で欠かすことができない営みの中でも「食べる」ということは、呼吸と等しく非常に重要な意味を持っています。しかも、「食べる」ということは口からものを食べるというだけでなく、生活自体が苦しくなった時に「食べていけない」と表現するように、生活全般に関わる行為です。
すべての生物は外界からの栄養物をその個体固有の体の成分に置き換えて自己の生命維持や成長に役立てています。人間も同様ですが、他の生物と異なるのは食品となる動植物を飼育栽培し、採取した魚介類などを加工調理して食するという点にあります。
しかし、誰しも栄養学や生理学を考慮しながら食べているわけではありません。
食事時だから食べる、お腹がすいたから食べる、美味しいから、好きだからと言った理由で食べることがほとんどでしょう。
また、食事をともにすることで、親睦や交流の機会にして飲食する習慣があります。
食べることが単に飢えから身を守り、いのちを維持するためだけではないことを示しています。むかしから、一家団欒という言葉があったように、家族そろって食卓を囲む機会は大切にしたいものです。ブログ
ブログ
ブログ
ブログ
【関連する記事】
posted by ささ at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

箱田忠昭 口コミ・評判

詳しくはこちらをチェック!! 






面接のプロも絶賛の面接術です。


上住元彦様

プロフィール
住友スリーエム株式会社を経て、株式会社ミードパッケージング社長、シティコープカードサービス社取締役副社長を歴任後、経営コンサルタントとして活動。
再就職支援会社の株式会社ライト・ウェイステーションの幹部としてエグゼクティブ・コーチング、リーダーシップ開発などの組織・人事に関わるコンサルティングを数多く手がける。同社の取締役副社長、代表取締役社長を経て、現在同社の後身である株式会社ライト マネジメント ジャパンの特別顧問。

〔推薦文〕
私は、長年にわたって人事コンサルティングの道を歩み、再就職支援や転職希望者たちの支援や指導に携わってきました。

そうした中で、採用面接についてアドバイスをする際には、必ず箱田式のコミュニケーション・スキルを参考にさせてもらっています。
そうした指導を行った結果、数多くの人たちが面接をクリアし、新しい活躍の場を見つけることに成功しています。

箱田式の特長は、なんと言っても具体的でわかりやすいことで、相手の心の機微をわきまえたものであるため説得力に富んでいるということです。
形だけの要領を押しつける面接法とは、この点が大きく違っているのです。

とりわけ採用面接では、非常に限られた時間の中で相手に好印象を与え、自分の強みを端的にアピールすることができるかどうかが、成否を分けることになります。

箱田式のコミュニケーション術は、面接術として優れた効果が期待できるばかりでなく、新しい職場においても良好な人間関係を発展させることに役立つことは間違いありません。

転職や再就職を目指す人たちには、この機会に是非マスターしておくことをお勧めします。


他の口コミについては、こちらをチェック!! 

posted by ささ at 16:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする